脂肪融解注射のダウンタイムはどの位?

ダウンタイムは1日から2日

美容施術を受ける時、仕上がりはもちろんですがダウンタイムがどれだけかかるのかも気になりますよね。ダウンタイムが長いと、仕事を長期間休まねばならない可能性も出てくるからです。脂肪融解注射のダウンタイムは、1日から2日が一般的です。ほとんど腫れが現れず、ダウンタイムが必要ない人もいるぐらいです。ただ、個人の回復力に関係しているので、一概にこの期間だというわけではありません。注射の際に内出血しやすい部位もあり、その場合は内出血がひくまでに10日から2週間ほどかかります。内出血を出来るだけ起こさないためには、脂肪融解注射を受けた当日は、お風呂のお湯に使ったりサウナに入るなど、体を温めるのを避けるのがよいでしょう。

効果を得るには3回から8回受けるのが一般的

脂肪融解注射は、1回の注射でもそれなりの効果は得られますが、理想通りに脂肪をなくしスッキリした見た目にするには、1部位につき3回から8回の注射を受けるのが一般的です。また、注射をした部位に筋肉痛のような鈍い痛みを感じることもありますが、脂肪融解注射につきものの症状で数日経てば解消されます。 より高い痩身効果を得るためには、注射を受けた次の日からマッサージをするのが効果的です。新陳代謝を活発にすることで、よりスピーディーに脂肪を排出することができます。注射を打っただけで安心するのではなく、脂肪を体外に素早く排出するための努力をすることも大事です。食生活に気を付けたり、適度な運動をするのもおすすめです。